鑑識になるには

一人前の警察官になるまで

刑事になる方法について。

基本的なやり方は下記記事を参照。

鑑識活動を積極的にする,資格を取る

交番で仕事をしていても鑑識活動をすることはたくさんあります。
屋外窃盗や器物損壊などの発生もの(被疑者がわからないもの)には鑑識係は来ませんから,交番勤務員で鑑識をしないといけません。

でも交番できちんと鑑識活動をする人はあまり多くないので,積極的にやっていたら目立ちます。
指紋やDNAなどをヒットさせれば一気に注目は集まります。

ですからそういうことをしながら周りに鑑識に行きたいと言っていればいいと思います。

あと多分どこの県でも鑑識検定という部内の資格があるので,鑑識になりたいのなら取るべきです。
鑑識検定で習った写真の技術なんかは私生活でも役に立ちますし。

向いている人

鑑識の仕事ってそんなに難しいことをしているわけじゃないので,理系であるとか学部によって有利とかそんなことは一切ありません。
高卒で十分ですが,暑かろうが寒かろうが臭かろうが地道にコツコツと作業のできる職人タイプの人が向いていると思います。実際そういうタイプの人が多いです。

コメント